インストラクター認定CERTIFICATE COURSES

インストラクターについて

本協会では、受講資格を満たす方へ対してウエルネス操体法インストラクター養成講座を実施しています。 養成講座を受講することで「ウエルネス操体法インストラクター」として活動していただけます。  
1.資格種類
2.資格認定講座カリキュラム
3.ポイント精度
4.資格取得方法
1.資格の種類「ウエルネス操体法インストラクター」「ウエルネス操体法マスターインストラクター」の2種類があります。 それぞれの特徴や違いは以下の表をご覧ください。
 
ウエルネス操体法 インストラクター 受講資格:ウエルネス操体法の指導者を希望する方 概要: ウエルネス操体法の指導者を希望する方が取得出来ます。 ウエルネス操体法の講演会やブラッシュアップ講習会でのアシスタントやウエルネス操体法教室、講習会、体験会などで当協会の認定指導者として指導できる資格になります。
ウエルネス操体法 マスターインストラクター 受講資格:ウエルネス操体法インストラクター経験3年以上、500ポイント以上の取得者 概要: ウエルネス操体法インストラクター経験が3年以上あり、 ポイントを500ポイント以上所有する方が受講資格があります(ポイント制度の詳細は別のページで説明)。 ウエルネス操体法インストラクターの養成講習会やブラッシュアップ講習会での指導者やウエルネス操体法講演会での主演者となれる資格です。
 
2.資格認定講座カリキュラムどちらの資格も養成講座を実技演習を合計9時間受講していただく必要があります。 その後に協会が指定する講座や教室によってポイントを取得していただきます。資格の取得には100ポイントが必要です。 また、マスターインストラクターのみ検定試験を実施する必要があり、筆記試験と技試験、面接試験の3つを実施します。 講座の詳細は以下の表をご覧ください。
 


ウエルネス操体法インストラクター 講座内容
ウエルネス操体法マスターインストラクター 講座内容
ウエルネス操体法概論 内容:「ウエルネス操体法の歴史」「ウエルネス操体法基礎理論」「ウエルネス操体法と筋膜」 時間:2.0時間
橋本操体法の理論 内容:「橋本操体法の理念」「橋本操体法の方法」 時間:0.5時間
ウエルネス操体法の実践 内容:「ウエルネス操体法の姿勢」「動診」「関節の動き」「是正動作」「仰臥位での動き」「伏臥位での動き」「横臥位での動き」「立位での動き」「座位での動き」「上半身の動き」 時間:4.5時間(1.5時間x3)
一人ウエルネス操体法の実践 内容:「一人ウエルネス操体法の姿勢」「動診」「関節の動き」「是正動作」「仰臥位での動き」「伏臥位での動き」「横臥位での動き」「立位での動き」「座位での動き」「上半身の動き」 時間:1.5時間
ウエルネス操体法指導上の留意点 内容:「服装」「安全管理」「受講者への関心と観察」 時間:1.5時間
 

ウエルネス操体法マスターインストラクター 資格検定
ウエルネス操体法の基礎理論、方法、指導上の留意点 内容:多岐選択式問題、質疑応答方式
ウエルネス操体法の指導実技 内容:実技試験
 
3.ポイント制度ポイントは協会が指定する講座や教室に参加する事により取得が出来ます。 インストラクターがマスターインストラクター資格認定講習会受講要件としてインストラクター資格取得後100ポイントが必要です。 マスターインストラクターの資格維持のための要件として3年間で500ポイントが必要です。 ポイントの対象講座・講習会・教室の詳細は以下の表をご覧ください。

ポイントの対象講座・講習会・教室
ブラッシュアップ講習会 取得ポイント:10ポイント/回
協会認定教室またはそれに準ずる教室でのアシスタント 取得ポイント:10ポイント/回
協会認定教室またはそれに準ずる教室での指導 取得ポイント:10ポイント/回
協会主催・共催セミナーへの参加 取得ポイント:10ポイント/回
協会認定教室またはそれに準ずる教室への参加 取得ポイント:10ポイント/回
 
4.資格取得方法ウエルネス操体法インストラクーの取得には下記の養成講座受講と協会認定教室またはそれに準ずる教室への参加及びアシスタントとしての参加が要件になります。

(1)ウエルネス操体法インストラクター養成講座の受講
主催 一般社団法人ウエルネス操体法協会
内容 ウエルネス操体法の理論・実技
講師 会長及び協会本部インストラクター
日程 毎月水曜日の計5回(10時間)
時間 16:00から18:00(二日間連続の場合は異なります)
費用 受講料+登録料:150,000円 (消費税込み)
認定料:15,000円 (消費税込み、1年分前納)
合 計:165,0000円
場所 一般社団法人ウエルネス操体法協会 本部
服装 スポーツウェアなど動きやすい服装
持ち物 タオル・靴下(履き替え用)・筆記用具・飲み物
 

(2)協会認定教室またはそれに準ずる教室への受講者として参加及びアシスタントとしての参加 10回以上の協会認定教室またはそれに準ずる教室への参加及びアシスタントとしての参加が必要です。 受講料は自己負担です。

※株式会社NBS会員及び提携企業・団体の場合は特別料金でご参加いただけます。詳しくは事務局にご確認ください。

PAGE TOP